忍者ブログ
  • 2017.05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.07
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/06/26 22:58 】 |
うそーん
どうもー管理人です・・・・・・って閉鎖したのに管理人も何もないですが。
 なんか久々に除いたら、いまだに拍手コメントとかあって、なんだよもー閉鎖してるのにみんないまだにこんな辺鄙なところ覗いてるのかよーとか思って。

 ・・・・・・ちょっと泣きたくなりました。

 閉鎖した理由にあるとおり、自分は今現代小説の方で「一冊でいいから世に本を出す!」という目標でのんびりと創作活動をしております。
 ここを閉鎖して、二年ほどひたすらオリジナルを書いては投稿し、いまだ佳作すらいただいてはいないのですが、最近、ものを創る、ということにおいてちょっとした思考の変化が生まれました。

 それは、一次を書くから二次は書けない、ということはない。ということです。

 私がオリジナルで書いている小説は、二次創作で書いているものとはちょっとテイストが違います。
 故に、二次創作をしていては一時創作の思考の邪魔になるのでは、と考えていました。
 しかし、オリジナルで習作を重ねていくうちに、二次創作との違いは、実はそんなにないのでは、という考えが浮かびました。

 もちろん、二次創作とはオリジナルという土台の上に腰掛けさせてもらって書いているので、一次創作とは書くときのエネルギーが相当に違います。
 けれど、書きたいことを書く、という上では、違いはあまり感じなくなったんですね。
 逆に、スランプに陥って何も書けなくなったときに、二次で書いていたころを思い出してちょっと書いてみたりすると、やる気を取り戻したり、なんて事も。

 そんなわけで、実は先月からpixivでちょこっと「なのは」のSSを載せたりしています。
 ここでの自分はちょっと過大評価されていた気もするんで、HNは変えてますけどね。

 文筆家の夢はもちろん捨ててはいないというか現在進行形なので、投稿頻度はかなり少ないでしょうが、文章を書き、誰かに読んでもらう、ということはやはり何を書くにつけても大事なことかな?と思います。

 そう思わせてくれたのは、主のいなくなったこのサイトで、いまだSSを読み続けてくださる方のおかげです。
 この日記をわざわざ読んでくださる方もいないかもしれませんが、一言お礼が言いたくて、ここにしたためておこうと思います。

 いまだ、このサイトのSSを読んでくださる方、そして読まれるかわからないコメントを書いてくださった方、本当にありがとうございました。
 皆さんのおかげで、自分はまだ元気に文章を書いています。

 では、そんなわけで、読んでいただけるかはわかりませんが、二年分の拍手レスをば。

>2013年5月
 フェイなのかいて~の方。

 コメントありがとうございます。現在pixivのほうにてこっそり活動中なので、もしかしたら書くこともあるかもしれません。いや、でも私なのフェイ派だからなあ。
 ネタがあれば、ということで。

>2014年2月
 アリシアの項は美しいです~の方。

 古いSSまで読んでいただきありがとうございます。
 あのSSはどうアリシアを登場させるかで悩んだ記憶がありますね。楽しんでいただけてすごく嬉しいです。

>2014年3月
 フェイはや目当てで来ました ごちそうさまです~の方。

 うち、フェイはや少なくてすみません。でも楽しんでいただけたなら嬉しいかな、と。
 わりとリクエストいただくカップリングではあるので、pixivではまた書くこともあるかもです。

>2014年5月
 なのフェイはいいものですね~の方。

 いいものですよね。私も書かなかった間、他のSS書きさんのものをずっと読んでいました。
 あの二人の関係性は、色々と想像させてくれて楽しいです。


 以上、拍手レスでした。

 放置しているサイトなのに、いまだコメントをいただけるなど、自分は本当に幸せ者ですね。
 pixivでのアカウントはあえて載せませんが、なのは系のSSのどこかでひっそりと書いてはいますので、あえて自分のSS探しなどせず、なのはSS全般を応援していただけたら嬉しいなあ、と思ってます。
 こうして二次にも戻ってこられたのは、文章を読み、感じ取ったことを伝えてくれた皆様の力です。
 文章を書くものにとって、読み手の声は絶対嬉しいものだと思いますので、気に入ったSSがあれば、一言でもコメントがいただければ、その書き手さんは絶対に応えてくれると思いますよ?

 ではでは、願わくば数十年後でもいいので、どこかの紙面でまたお会いできればなあ、と思います。


PR
【2014/08/30 10:49 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0)
| ホーム | え、ちょ、まじ?>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














| ホーム | 次ページ>>